一般化している投資 | 不動産投資セミナーで不動産投資についての知識を身につける
Finance

一般化している投資

初心者はまず都市部の収益物件を攻めよう

サラリーマンの間でも不動産投資が一般的になってきており、収益物件から得られる家賃収入を副収入としている人も多いです。興味を持っていながら、まだ投資にまで至っていない予備軍も多く、今後も中古ワンルームマンション等の収益物件の価格はゆるやかに上昇していくと考えられます。但し、収益物件であればどれを保有しても良いというわけではありません。収益物件があるエリアをしっかりと見極める必要があります。利回りにつられて物件選びをしていると、どんどん郊外の物件に追いやられてしまいますが、郊外の物件は空室リスクが高く、上手に運用をするにはかなり難しい物件となります。初心者はまず都市部の収益物件から攻めていきましょう。

賃貸需要の高いエリアを選別しよう

エリアを絞る時に重要なことは自分の好きなエリアを選ばないということです。自分の好きなエリアが必ずしも賃貸需要が高いというわけではないからです。不動産投資はいかに空室期間を作らないかということとの闘いです。コレクションとして不動産を保有したいのであれば、自分が好きなエリアの収益物件を保有することも構いませんが、収益を追求するのであれば、賃貸需要の高いエリアを選びましょう。賃貸需要の高いエリアとは、人が集まるエリアです。都市部にはまだまだ人口が流入してきているエリアがあります。このようなエリアには人を惹きつける魅力があります。単年度で見るのではなく、継続的に人口が流入しているエリアを見ることが重要です。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright ©2015 不動産投資セミナーで不動産投資についての知識を身につける All Rights Reserved.